Amazonアカウント停止を防ぐ〇つの対策と、停止時の対処法【安全第一】

この記事では、安全かつ確実にせどりで稼ぐ為に必要な

・Amazonのアカウント停止を未然に防ぐ方法
・アカウントを停止になった際の対処法

についてお伝えしています。

Amazonせどりでどれだけ大きな利益を得ていようとも、アカウントを停止されてしまったら、もうそれ以上Amazonでせどりを行うことはできません。

それだけでも大きな痛手ですが、ルールを知らずにアカウントを運用していると、最悪の場合・・・。

訴えられる

その可能性もゼロとは言い切れません。

リスクを未然に防ぐためにも、この記事を最後までお読みいただきたいと思います。

 

また、この記事をお読みの方の中には

Amazonアカウントが停止されてしまった…。

と、途方に暮れている方もいらっしゃるでしょう。

ショックのあまり、「せどりを止めようか」とお考えかもしれません。

 

でも、まだ諦めるのは早いです!

そんなあなたの為に、Amazonアカウントを停止された場合の対処法もお伝えしています。

希望を捨てずに、是非最後までお付き合い下さい。

第1章 商標権の警告

商標権とは、

商品やサービスについた目印である商標を保護することを目的とし、

他人がその目印である商標を使用することを制限できる権利です。
これが商標権なのですが、せどりをしていると許可なく商標を使用しているので、
このようなメールが届くことがあります。

〇〇〇様
突然のご連絡失礼いたします。
「〇〇〇〇」を製造・販売しております、
〇〇〇〇株式会社の〇〇と申します。

今回はお願いがありご連絡をさせていただきました。

現在、弊社商品の〇〇〇〇の出品を行われているかと思いますが、
こちらは弊社で商標登録も行っており(第〇〇〇〇号)
出品に関しては知的財産権の侵害に当たります。

上記を踏まえて、出品取り下げのご対応いただくようお願い申し上げます。
ご対応いただけましたら弊社までご連絡(メール)頂けますと幸いです。

お手数おかけしますが、ご確認よろしくお願い致します。

これが商標権の警告メールです。
このメールが届くと該当商品の出品を停止しなくてはいけません。
状況によっては、アカウント停止や訴えられる可能性もゼロではありません。
ですので、今回は警告の来る商品を事前に調べる事ができる方法を紹介します。

第2章 警告の来る商品の見分け方

警告の来る商品を見分ける方法には大きく分けて2つ手法があります。
(1) グラフから判別する方法
(2) 出品者から判別する方法
では順番に説明していきます。

(1)グラフから判別する方法

グラフから判別する方法はいくつかあるので、パターンごとに紹介します。

パターン① 出品者がすぐに1に戻る

画像のように、
出品者の数が 増加⇒一人⇒増加⇒一人
を繰り返している商品は、警告が来て出品を取り下げている場合がかなり高いです。
このパターンの時はほぼ確実に警告が来るので、絶対に仕入れはしないようにしましょう。

パターン② 出品者が急激に減少している

画像のように、出品者が突然急激に減少している商品も警告が来た為、
出品を取り下げている可能性が高いです。
このパターンの際は、販売数がいきなり増えていないかをランキングから確認しましょう。
商品が一気に売れたことによる在庫切れの可能性もあります。

パターン③ 商品が売れていないのに出品者が減少している

画像のように、出品者が減少したにも関わらず、ランキング順位が下がっている
グラフも警告が来ている可能性が高いので要注意です。
なぜなら、商品が売れていないのに出品者が減少しているということは、
警告が来て出品停止をした可能性があるからです。
このパターンの時は、出品者が他の商品でアカウント停止になった等の可能性もあるので、
この傾向が 2・3 回以上確認できたら、仕入れをしないことをオススメします。

(2) 出品者から判別する方法

この方法は出品者から商標権の警告が来やすい商品を判別する方法です。
今回は実際に商標権の警告が来たこちらの商品を例に紹介していきます。

まず、製造元メーカーと出品者の名前が類似していないか確認してください。
画像のように、製造元メーカーと出品者の名前が類似している場合は、
製造元が Amazon で販売をしている可能性が高い為、
警告が来る可能性が高いです。

次に、
本当に製造元メーカーなのかをストアフロントの出品物から確認してみましょう。

こちらから確認できます。
出品物が同一ブランドのみの場合、製造元メーカーのアカウントの
可能性が高いので出品する際は注意しましょう。

第3章 価格統制された商品

最後に、価格統制された商品を紹介します。
※価格統制とは、メーカーが値崩れ防止の為に価格を一定にするように規制することです。

こちらの商品は価格統制されている可能性が高い商品です。
なぜなら、出品者 27 名中 26 名が同一価格だからです。

このような商品は、
① 価格を併せれば販売可能
② 代理店のみしか販売不可能
この2パターンでしか販売ができません。
ですので、早く売り切りたいからと価格を下げて販売することはやめた方がいいです。
また、できれば仕入れをしない方が安全です。

Amazon 顧客満足指数の低下

Amazon のセラー画面のパフォーマンスで確認する事ができます。
出荷遅延率
キャンセル率
回答時間等
このあたりが著しく悪くなると、アカウント停止になる可能性があります。
出荷遅延などは、配送忘れで起こりやすい事例なので注意しましょう!

Amazon カスタマーレビューの不正操作

自分のお店の評価を自分でつけたり、
購入してくれたお客さんに
「良い 評価をつけて下さい」と依頼したり、
悪い評価を貰ってしまった際に
「悪い評価を取り下げてもらえませんか?」と交渉するのは
レビュー、評価の不正操作として禁止されています。

購入者からの評価

Amazon 購入者からの評価も
アカウント停止や閉鎖の判断材料になります。
アカウント停止や閉鎖になる具体的な数値は公開されていません。
購入者からの低い評価が著しく多くなると
アカウント停止や閉鎖になる可能性は高くなると言われています。

偽物の販売

フリマ、ヤフオクで出品されている輸入 CD・DVD や、
海外から発送 というような商品、極端に価格が安い商品は
海賊版 や偽者の場可能性があります。
知らずに販売したとしてもアカウント閉鎖になってしまいます。

児童ポルノ法に触れる商品の出品

Amazon では児童ポルノ法に触れる商品を出品すると
アカウント閉鎖の原因となります。
未成年が写っているグラビア DVD・同人誌などは控えましょう

アカウント閉鎖(削除)されたアカウントとの関連性

Amazon では、過去にアカウント削除されたアカウントと
何らかの情報が紐づいてしまうと、無条件でアカウント閉鎖されます。
削除された Amazon アカウントとの紐付きには十分な注意が必要です。

ここまでのまとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
今回は、警告商品の見分け方についてまとめてみました。
この方法をしっかり実践すると警告が来る確率はかなり下がります。
しかし、ゼロになるわけではありません。
ですので、もし実際に警告来てしまったら出品停止にして、
Amazon 以外の販路で販売するようにしましょう。
最後に、決して警告は無視しないようにしましょう。
アカウント停止のリスクがかなり高くなります。
せどりは、正しい知識を持つことでリスクを大幅に減らすことができます。

Amazonアカウントが停止…その対処法は?

続きまして、Amazonアカウントが停止された場合の対処法をお伝え致します。

Amazonアカウントが停止…最近はこの話題を嫌というほど聞きます。
それだけ、みなさんの Amazon アカウントは常に危険と隣り合わせです。
ここからは、皆さんに
「複数アカウントを所持し、リスクを減らして稼いでいきたい!」
そう思い、この記事を作成しました。

アカウント閉鎖リスクを減らす方法は既にご紹介致しました。

でもそれだけだと不安ですよね…。

そこで今からご紹介する方法により、極力不安を払拭しましょう。

そしてガンガン稼いでいきましょう!

複数アカウント作成方法

ここまでお伝えした内容でアカウント閉鎖になると
アカウント復活は困難です。
そのため、新規のアカウントを作成しておき
複数アカウントを所持しアカウント閉鎖リスクに備えましょう!
※Amazon の規約上は規約違反になりますのでご注意ください。
こちらに関してのアカウント作成は次の箇所に注意して
新規アカウント作成をしていく必要があります。

・メールアドレス
・クレジットカード
・銀行口座
・店舗名
・電話番号
・住所
・運営責任者指名
・PC
・IP アドレス
※メインアカウントと異なっていなくても大丈夫な項目もあるとされています。
ただし、メインアカウントに少しでも紐づかないように徹底的にやりましょう。

こちらの項目を全て新規に変更し、新しいアカウントを取得しましょう!
ここでさらに少しピックアップして説明していきます。
銀行口座
今までに Amazon に登録したことがない口座を用意しましょう。
同一名義も大丈夫ですが、別の名義の方が望ましいです。
住所
知人、家族などで住所を使用できる場合はそちらで用意しましょう。
またレンタルオフィスなどもありますので、そちらも利用しましょう。

電話番号
050 の電話番号が取得できるアプリがありますので
そちらを利用しましょう。
スマートトーク
(050 の番号を取得できるアプリ)
↓↓↓↓
https://ip-phone-smart.jp/smart/smartalk/

IP アドレス
IP アドレスは amazon に同一人物と
判断されないように分ける必要があります。
しかし、ネット回線を新しく契約したり、
パソコン を買い換えたりする必要はありません。
デスクトップクラウドで検索してもらえると
出てきますので、自分にあうものを選びましょう。
参考までに
↓↓↓↓
VPS クラウド

記事全体のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は【Amazon 停止】になる前の対策として書かせて頂きました。
Amazon で商品を販売している以上、Amazon の規約について
アカウント閉鎖にならないように知識をつけておくことは非常に大事です。
また、万が一アカウントが停止された時も慌てずに対処が出来るように、
前もってリスクヘッジをしておくことも同じように大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました