Amazonせどりの中古本のコンディションを解説【稼げる選別方法を暴露】

Amazonせどり

この記事では、Amazonに中古本を出品する際、コンディションをどのように決めるか?について詳しくお伝えしています。

初心者の方にも分かりやすいよう、画像付きでお送り致します。

「Amazonに中古本を出品したいけど、コンディションの決め方が分からない・・・」

そうお悩みであれば、ひとつの判断基準として参考にしていただければと思います。

コンディションの決め方ひとつで、稼ぎが変わってきますよ。

コンディションを決める前に知っておくこと

コンディションについてお伝えする前に、絶対に知っておくべきこと。

それは、コンディションをどうこう言えるレベルではないもの…つまり出品してはいけないものがあるということです。

例を挙げてみますと・・・。

・カビが生えている

・臭いがする

・大きな染みがある

・ページが足りない

・サンプル用の冊子など

・プロモーション用の本

などですね。

 

こういった古本はAmazonに出品してはいけません!

くれぐれもご注意下さい。

ルールがどうとか言う以前に、人としてのモラルを考えると、上記の様な古本を出品するなんてあまりにも非常識です。

この記事をお読みになっているあなたは、その辺のモラルは大丈夫ですよね?

Amazonの中古本コンディションの4つの解説

最低限のルールを知っていただいたところで、本題のAmazonの中古本のコンディションについて見ていきましょう。

Amazonは、中古本を出品する際の基準として、コンディションを4つの括りの何れかに分けるよう指示しています。

一つずつご説明していきますね!

一番低い評価の「可」

4段階の評価の中でも、一番低いとされるコンディションが『中古品ー可』です。

Amazon側からした『中古品ー可』にすべきコンディションの古本

・文字が問題なく読める状態のもの

・カバーやページに傷等がないもの(但し、ダストジャケットはなくても問題ない)

・ページ中に書き込み等が多いものの、文字を読むには影響がないもの

・付属品は無くても大丈夫(書籍に元々同胞されているもの(CD等))

これらに当てはまるものです。

詳細は公式サイトをご確認下さい。

URL:https://sellercentral-japan.amazon.com/

 

ご説明したものの、文章だけだと少々分かりづらいですよね・・・。

そこで、『コンディション:中古品ー可』を分かりやすく表現するならば

商品として、必要最低限のレベルは満たしている中古本

といったところだと思います。

 

ここで終わると

「いやいや、それだけだと分からないよ」

と、突っ込まれてしまいそうなので、例として画像をご覧いただきましょう。

こういったものは、コンディション『中古品ー可』で大丈夫かと思います。

綺麗好きな人にとっては、『これはちょっと…』と拒否しまうかもしれませんね。

お世辞にも『綺麗な本だな』とは言えませんが、読むには支障の無いレベルである…と判断できます。

ただし、前述した『臭いがする』場合はこれに当てはまりません…念のためですが。

 

もう一つの迷うべきポイントとして、ページ内の書き込み具合ではないでしょうか?

例として、以下の画像をご覧ください。

ご覧の通り、線やら丸やら書かれていますね。

こちらは極端な例ですが、ここまで書き込みや線引きがなくとも、基本的に はこういった書き込みがあれば「可」が無難でしょう。

きちんと詳細を書いてさえいれば、ほんのわずかの書き込みは、一つ上のレベルである「良い」でもいいとは思います。

・・・ですが、私は後々のクレームなどが面倒なので「可」で出品しています。

その辺のご判断は自己責任でお願いします。

 

少し混乱させてしまうかもですが、『中古品ー良い』で出品されていた商品の状態を、参考までにご覧いただきましょう。

念押しで言わせていただきますが、下の画像の本は、Amazonの「良い」コンディションで出品されていたものです。

手垢的なものがびっちり付いています笑

個人的には『どこが良いなの?』びっくりでした・・・。

もし私が出品者だったとしたら、間違いなく『コンディション:中古品ー可』しますけどね!

まあ価値観は人それぞれですから、クレームを入れる人もいないのかもしれませんが。

このレベルのものが『良い』と部類され、普通に出品されているという現実もあります。

 

新品があるのにわざわざ中古本を選ぶ人の考えは、

「読めればなんでもいいから出来るだけ安く買いたい」

というものだと思います。

ですから、この辺を詳しく出品コメントに記しておくことで、購入者のハードルを下げておく必要があるかと思います。

最も利用される評価の「良い」

『中古品ー可』の一つ上のレベルである『中古品ー良い』とは、どういうものを指すのでしょうか?

Amazon側からした『中古品ー良い』にすべきコンディションの古本

・使用済みではあるのの、綺麗な状態であるもの。

・カバーとページが完全な状態にあるもの(ダストジャケットにおいても、該当する場合はこれに含まれる)

・多少の傷等が背表紙にあるもの。

・ページの半分以下に線引きや書き込みがあるもの。

・蔵書印が付いているもの。

・・・というものです。

詳細は公式サイトをご確認下さい。

URL:https://sellercentral-japan.amazon.com/

 

半分以下の書き込みまでなら良いって・・・。

であれば、殆どの場合、書き込み自体ははセーフということになるのでは?と思います。

とはいえ、モラル的に考えるとそれなりに書き込みがあるなら「可」が無難でしょう。

 

モラルを無視して、汚い中古本を『良い』で出品すること自体は確かに可能です。

その商品が売れることもあるでしょう。

ですが、そういった行為は、他の出品者の基準から悪い方に偏ってしまい、低評価を受けまくる結果になります。

そうなってしまうと後の祭りで、ちゃんと出品コメントに書いていてもなかなか売れなくなります・・・。

 

「コンディション:中古品ー良い」の基準として、下の画像をご覧いただきたいと思います。

「多少の傷や汚れはあるものの、中古の本ってこんなものでは?」

そう感じるものを『良い』とするようにしています。

感覚的なものですので、ちょっと伝わりにくいかもしれませんね苦笑

特に目立つ傷や汚れ等があった場合、そのことを簡単に説明しておけば大丈夫だと思います。

そういった丁寧な対応をしておくことで、クレームを未然に防ぐことができます。

 

人にもよるのでしょうが、私としてはコンディションを選定するときに、この『中古本ー良い』にすることが一番多いです。

4つのコンディションの中で、『良い』が最も使いやすい!

ということになりますね。

幅広く使えるんです。

 

ここでちょっと、ご自身の立場に置き換えて考えてみてください。

あなたが中古本を探していたとします。

頭の中には「中古なんだから、新品よりは安く済ませたい」という考えが多少はある筈。

そんな中、定価の半額でお目当ての中古本を発見!

その中古本がある程度のコンディションであれば、それを受け入れて購入しませんか?

それは他の人も同じだと思います。

 

その他大勢の購入者からしても、「あまりに汚いのは…でも安く済ませたいし」という、ニーズは必ずあります。

その証拠に、ブックオフ等の古本屋が繁盛しているのであって、そして「せどり」というビジネスが成立するのです。

良いの1つ上コンディションの「非常に良い」

続きまして、『中古品ー良い』の更に一つ上のレベルであるコンディション『中古品ー非常に良い』についてご説明致します。

Amazon側からした『中古品ー非常に良い』にすべきコンディションの古本

・使用済みではあるが、商品やページがとてもきれいな状態

・ページは完全な状態であり、かつ線引きや書き込みがないもの。

・背表紙にも傷がないもの。

詳細は公式サイトをご確認下さい。

URL:https://sellercentral-japan.amazon.com/

 

中古本とは思えないくらい、綺麗なもの…というところですね。

傷や汚れも無く、大事に保管されてたであろうレベル。

そう自信をもって言えるのであれば、このコンディションを選びましょう。

例えば、私の場合はこんな感じのものを出品します。

・・・しかしながら、販売者の立場として『非常に良い』と判断するのは勇気がいるところです。

前述したとおり、人によって感覚は異なります。

また、販売者は品質に甘く、購入者は逆に厳しくなってしまうものです。

ある意味、4段階のコンディションの中で、一番選ぶのが難しいと思います。

 

私が『非常に良い』を選ぶとしたら

新品で買った本を一度読んで、それ以降は触ってもいない。傷、汚れは一切無いもの。

以上の条件にあてはまるものです。

 

「ちょっと自信が無いな・・・」

そう感じるのであれば、「可」を選択しておくことが無難ではありますね。

 

Amazonにおける『非常に良い』のレベルを知る方法として、以前私が取った行動があります。

それは、『非常に良い』のコンディションの中古本を数冊購入し、状態を勉強するというもの。

その際は、評価の高い出品者から購入するようにします。

つまり、市場をリサーチするということですね。

リサーチを何回かやっていくと、感覚を掴むことができます。

多少の出費となりますが、これを『勉強のための投資』と割り切ることが大切です。

是非お試しください。

最高コンディションの「ほぼ新品」

最後に、最高レベルのコンディション『中古品ーほぼ新品』についてご説明致します。

Amazon側からした『中古品ーほぼ新品』にすべきコンディションの古本

・読まれた形跡がほぼ無く、完全な状態のもの。

・ページやカバーに折り目や書き込みがないもの。

・贈り物に適しているもの。

といったレベルのものとなります。

詳細は公式サイトをご確認下さい。

URL:https://sellercentral-japan.amazon.com/

 

例をご覧いただきましょう。

シュリンクに大事に覆われている未開封の本や、新品同様のもの。

私の場合このレベルのものであれば、コンディションを『ほぼ新品』にして出品するようにしています。

前述したコンディション『良い』や『非常に良い』とは違い、判断はしやすいのではないでしょうか?

いわゆる『0か100か!?』と言う感じだと思います。

 

未開封のものであれば、『ほぼ新品』にしても文句を言われることは滅多にないと思います。

一方、開封済みのものに対しては『万が一』ということもあり得ます。

神経質な方や潔癖症の方も、世の中にはいらっしゃいますしね。

まあ、だったら新品買えばいいのに・・・と言いたくもなりますが笑

不安に感じるのであれば、コメントに記入しておくか、『非常に良い』で出品するかですね。

Amazonせどりでコンディションの決め方のまとめ

・Amazonに出品できない中古もある為、注意が必要。

・Amazonに中古本を出品する際、商品のコンディションを4つのレベルの何れかに設定することが必要。

・そのレベルは『中古本ー可』『中古本ー良い』『中古本ー非常に良い』『中古本ーほぼ新品』。

・コンディションは基準が設けられており、それに当てはまるものを選択しなかった場合、クレームの原因となってしまう為注意が必要。

以上の内容でお送り致しました。

 

Amazonはコンディションの基準を明確に設定していますので、それに沿った選定を心がけましょう。

サバを読むような行為(一つ上のコンディションに決める等)は、絶対にしないでください。

最悪の場合、アカウント停止等の厳しい対応を取られることもありえますので・・・。

 

一通りご説明しましたが、初心者の方はモヤモヤしているかもしれませんね。

そんなあなたにアドバイスをお送りするならば

『あなたが購入者だったとしたら、この商品を受け取ってどう感じるか』

ということを意識してみてください。

コンディションが『非常に良い』ものを購入したものの、届いた商品が汚かったとしたら・・・?

「汚れ付きだ!ラッキー」

などどは思わないでしょう。

 

『詐欺行為』とまでは言えませんが、人を騙す行為を繰り返すと、その悪事は必ず自分に返ってきます。

騙された購入者は、あなたにたいして低評価を付けるでしょう。

怒りのコメントを添えることもあるかもしれません。

そんな出品者から、誰が買いたいでしょうか?

 

見えない相手とのやり取りの為、どうしても軽く考える人が多く嘆かわしいのですが、心得ておいてください。

せどりはビジネスであり、せどりをするあなたは事業主(社長)である

このことを肝に銘じておけば、無責任な行動をすることはないと思います。

ルールをしっかり守って、責任ある行動を。

それが成功への第一歩です^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました