せどりのデータ管理を無料のクラウドツールでやる方法【使わないと損!】

第1章 ツールの導入はお済みですか?
この記事では、セット本せどりの勘所である抜け巻管理を、無料のクラ
ウドツールで行う方法を解説しています。
ツールの名前は
Google スプレッドシート
まだ、導入がお済みでないようでしたら、導入し
ておいてくださいね。
次の章からは、私が実際に使っている管理表をご覧いただきながら、抜け巻
の管理方法をお伝えしていきます。

第2章 「未完セット本一覧」の運用方法
「未完セット本一覧」というのは、私が勝手につけたスプレッドシートの名
前ですので、好きなように変えていただいて OK です。
全体像は、こんな感じです。

細かすぎて見えないと思いますので、表の部分を拡大してみます。

それぞれの項目について、ご説明します。
1. 回(列 A)
これまでに、何回、出品したか(揃ったか)を入力します。
2. 始(列 B)
集め始めた日付を入力します。
全巻を揃えるまでに要した日数を把握できます。
3. 出版社(列 C)
集英社、小学館、講談社など、出版社名を入力します。
4. 分類(列 D)
ジャンプ、サンデー、マガジン、ヤンマガなど、出版社より細かい分類を
入力します。

5. 作者(列 E)
作者名を入力します。
6. タイトル(列 F)
作品名を入力します。
アマゾンの商品名と合わせると、検索しやすいのでオススメです。
7. サイズ(列 G)
「サイズ」となっていますが、ブックオフでのコーナーの分類と考えて
ください。
こうしておくことで、データの並べ替えをしたときに、コーナーごとに
集めることができます。
8. 背(列 H)
店舗で探しやすいように、また、バージョン違いを混同しないように、背
表紙の特徴(色など)を入力します。

9. ふりがな(列 I)
並べ替え用(作者名順に並んでいる店舗がほとんどなので)に、作者名の
ふりがなを入力します。
10.巻数(列 J)
全部で何巻までかを入力します。
11.特別編(列 K)
別冊や特別編、キャラガイドなど、本編以外にセットに組み入れたいも
のがあれば入力しておきます。

12.抜け(列 L)
抜け巻を入力します。
【入力の例】
? 1 巻から 5 巻までが無いとき:1-5
? 10 巻と 12 巻が無いとき:10,12
? 1 巻から 5 巻までと、10 巻、12 巻が無いとき:1-5,10,12
1 巻から 5 巻までが無かったとき、店舗で 4 巻を見つけたら、
? 1-5(消し込み前) → 1-3,5(消し込み後)
のように消し込みます。

13.担当 1 発見(列 M)
14.担当 2 発見(列 N)
この 2 つの項目は、店舗で消し込みをしている時間がないときに、購入
した巻を控えておくのに使います。
仕入れ担当者が 2 人いる場合を想定し、2 人分の枠を設けてあります。
【入力例】
? 3-5@50(3 巻から 5 巻を 50 円で購入)
? 1-5@80/12,15@260
(1 巻から 5 巻を 80 円、12 巻と 15 巻を 260 円で購入)
? 全@1500(全巻セットを 1,500 円で購入)
時間ができたときに『抜け(列 L)』『仕入金額(列 R)』に反映し、内容を
消し込みます。

15.注文済(列 O)
駿河屋やブックオフオンライン、ヤフオク、メルカリなどで仕入れた分
を入力しておきます。
入力、消し込みの方法は『担当 1 発見(列 M)』と同様です。
16.今回額(列 P)
17.結果(列 Q)
この 2 項目は計算用です。
『結果(列 Q)』には、以下の計算式を入力しておきます。
? 計算式(2 行めの場合):=P2+R2
2 行め(データの先頭行)に式を入力したら、とりあえず 2,000 行ぐらい
コピーしておいてください。
『今回額(列 P)』に、今回の仕入額を入力すると、『結果(列 Q)』に、
これまでの仕入金額の合計が自動計算されますので、その金額を『仕入
金額(列 R)』に入力し、『今回額(列 P)』の内容を消し込んでください。

流れをまとめると
① 『今回額(列 P)』に、今回の仕入額を入力
② 『結果(列 Q)』に、これまでの仕入合計金額が自動表示
③ 『仕入金額(列 R)』に②の金額を転記
※転記後、『結果(列 Q)』の金額が変わりますが無視してください。
④ 『今回額(列 P)』の内容をクリア
※この段階で、『結果(列 Q)』の金額が合います。
要は、現地でスマホの電卓を起動して仕入合計金額を計算するのが手間な
ので、計算式を使ってラクしましょうということです。
『今回額(列 P)』には、計算式を入力することも可能です。
108 円の 20%オフで 5 冊買った場合なら
=108*0.8*5
と入力すれば、自動計算してくれます。

18.仕入金額(列 R)
これまでの仕入合計金額を入力します。
19.残予算(列 S)
ここには、以下の計算式を入力し 2,000 行ぐらいコピーしておきます。
? 計算式(2 行めの場合):=U2-R2
『実績価(列 T)』から『仕入金額(列 R)』を引いて、残りの予算がいく
らなのかを自動計算しています。
20.実績価(列 T)
自分が販売した際の販売価格を入力します。
21.見込利益(列 U)
自分が販売した際に、アマゾンから入金された金額を入力します。

22.参考(列 V)
メルマガや教材などで紹介されていた販売価格を、自分が出品する際の
参考として入力しておきます。
23.備考(列 W)
出品する際の注意点や、巻数が書いてない本の組み合わせ等を入力しま
す。
【入力例】
① 賢者,秘密,アズ,ゴブ,不死鳥,プリンス,秘宝
② 古いもの多。「可」で出品
③ 「セット箱なし」明記の上「可」で出品
①は「ハリー・ポッター」のタイトル、②と③は出品にあたっての注意事
項のメモです。

各項目の入力内容は以上ですが、これとは別に、私は何種類かの色分けをし
ています。
① 行全体の背景がグレー


全巻揃った目印です。出品作業が終わったら、色をクリアしています。
② 『抜け(列 L)』セルの背景色がオレンジ


抜け巻があることが分かりやすいように色付けしています。
③ 『実績価(列 T)』セルの文字色が赤


出品してすぐに売れてしまい、もっと高くても売れそうなときの目印で
す。

④ 『実績価(列 T)』セルの文字色が青


トレンドなど、一時的に高く売れた可能性が高いときの目印です。
また、複数セットを並行して揃えているときには、同じ作品でも複数行に分か
れます。
この場合は、全巻揃ったものは行ごと削除し、まだ集まっていないセットの
『回(列 A)』の数字に 1 を足します。(後記)
基本的な運用方法は、以上になります。

第3章 店舗での入力は最小限に
「未完セット本一覧」の項目はかなり多いのですが、店舗での作業は、
? 抜け巻の消し込み
? 仕入合計金額の入力
? 新規で集め始めた作品の追加
この 3 つだけです。
これらのデータを、カゴに本を入れる時点で入力することで、抜け巻と仕入
金額をリアルタイムに管理できます。
複数の仕入れ担当者で別々に動いている場合でも、ほぼ即時にデータが反映
されますから、同じ巻が重複する心配もありません。
新規で集め始めた作品は、一旦、最終行より下の空行に入力しておき、後ほ
どパソコンでデータの並べ替えを行います。

第4章 パソコンで行う作業
パソコンでは、以下の作業を行います。
1.データの並べ替え
ブックオフで本を探しやすいように、データを並べ替えます。
【並べ替えの例】
? コミック(少年、少女、青年、レディース、BL)
? サイズ → 出版社 → ふりがな → 作者 → タイトル
? コミック(文庫、ワイド、完全版)
? サイズ → ふりがな → 作者 → タイトル
並べ替えの順番が異なるため、上記の 2 つにシートを分けておくと、運
用が楽になります。

2.出品したときのデータクリア
以下の作業を行います。
? 1 セットだけ集めている場合
? 行の背景色をクリア
? 『回(列 A)』の数字を加算
? 『始(列 B)』をクリア
? 『仕入金額(列 R)』をクリア
? 複数セット集めている場合
? 集まった行を削除
? まだ集まっていない行の『回(列 A)』の数字を加算

■おわりに■
クラウドツール『Google スプレッドシート』を使っての抜け巻管理、いか
がでしたでしょうか?
このレポートを読んだだけだと、面倒そうに感じられるかもしれません。
ただ、今回ご紹介した「未完セット本一覧」は、私が実際に使用しているも
ので、試行錯誤の末にたどり着いた一つの完成形です。
店舗での作業は最小限に、パソコンでの作業も簡単に行えるよう、工夫を凝
らしています。
まずは、このシートを真似して、抜け巻の管理を行ってみてください。
その上で、あなた独自の改良を加えていって、ベストな形を作り上げていっ
てくださいね。
1 点だけ注意していただきたいのは、凝りすぎないこと。
複雑な計算式を多用すると、読み込みに時間がかかりますので、やめておい
た方がいいです。

今回は、抜け巻の管理方法についてお伝えしました

メルマガ購読・解除
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました