コミックせどりを強くオススメする10の理由【やらなきゃ損!?】

「せどりの中でどの分野がオススメでしょうか?」

この質問は数えきれないくらい受けてきました。
その質問に対する私の答えは

「コミックせどりです!」

そう自信を持ってオススメしています。

なぜコミックせどりをオススメしっているのか?
この記事では、私がコミックせどりをオススメする『10』の理由をお伝えしています。

第1章 コミックセットせどりはオススメです!!

セット本せどりという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
その名の示すとおり、コミックや小説を 1 冊ずつではなく、全巻揃った状態にして販売するのがセット本せどりになります。
私にしてみれば、楽しく稼ぎ続けられるセット本せどりはオススメ以外の何ものでもないのですが、世間的には、

・ただでさえ本は重いのに、セットにすると半端なく重い
・全巻揃うまで置いておくスペースが必要
・値札はがしやクリーニングが面倒
・セット組みが面倒
etc.

といったデメリットばかりが強調され、手を出しづらいと感じている人が多いようです。
そこでこのレポートでは、1 年 8 ヶ月にわたりセット本せどりを追求してきた私が、あなたがコミックセットを始めるべき 10 の理由を、目いっぱいお伝えしていきたいと思います。
いきなりガッツリ取り組まなくても構いません。
ブックオフへ行ったとき、今までは気にも留めなかったコミックコーナーを覗いてみるきっかけとなれば幸いです。
それでは、さっそくいってみましょう!

第2章 コミックセットせどりを始めるべき 10 の理由

1. 常に仕入れるものが見つかる!!

コミックはブックオフでも断トツで取扱量が多く、かつ回転も早いため、一度、大量に仕入れたとしても、すぐに補充されていきます。
また、1 冊で販売する単品本ですと、片っ端からリサーチしていくライバルに先を越されたら、何も買えないことだってザラにあるんですが、コミックセットの場合ですと、

・スラムダンクの 18 巻

のように、集めている作品の足りない巻を仕入れますので、ライバルと狙いが被る可能性は限りなく低くなります。

せっかく店舗へ行ったのに、1 冊も買えずにボウズで帰るなんてこともなく、ストレスフリーなせどりライフを送ることができるのです。

2. 回転が早く、すぐに売れる!!

コミックセットには人気作品が多く、中古ジャンルの中でも、かなり回転が早い部類に入ります。
たとえば、超人気作品「スラムダンク」のランキンググラフ(3 ヶ月)をモノレートで見てみると・・

ギザギザがもの凄く細かくて、相当ハイペースで売れていることが分かりますよね?
出品者数も多いのですが、それをものともしないぐらい売れ行きもいいので、適正な価格で出品すればあっという間に売れて、利益を確定させることができるのです。

スラムダンクほどではないにしても、

・ツバサ
・バキ
・ヒカルの碁
・幽遊白書
・らんま 1/2
・金色のガッシュ!!
・三国志
・課長島耕作
・賭博黙示録カイジ
・サラリーマン金太郎

などなど、すでに完結しているにも関わらず、根強い人気で即売れが期待できる作品が、数え切れないぐらい存在していて、狙いめに困ることがありません。

3. 利益率が高い!!

コミックセットせどりでは、基本的にブックオフで 108 円で販売されているコミックを集めます。
コミックはセールの対象になることも多く、仕入れ額はそれほどかかりません。
また、中古商品として販売しますので、状態によって差別化を図りやすく、高値で販売することが可能です。

つまり

安く仕入れたものが高く売れる=利益率が高くなる

という公式が成り立つわけです。
販売した商品で高い利益率を叩き出したものを、いくつかご覧ください。

 

三国志 全 60 巻(ASIN:4267870012)

仕入れ:3,436 円→販売:11,257 円
利益:5,381 円/利益率:48%
※ほぼ半額セールで仕入れ

 

賭博黙示録カイジ 全 13 巻(ASIN:B002DELN6Q)

仕入れ:702 円→販売:2,680 円
利益:1,272 円/利益率:47%
※全巻半額セール仕入れ

 

武田勝頼 全 5 巻(ASIN:B002DE6XLQ)

仕入れ:540 円→販売:3,200 円
利益:1,882 円/利益率:59%
※全巻 108 円仕入れ

 

哭きの竜 全 9 巻(ASIN:B00BXWD4MU)

仕入れ:618 円→販売:2,480 円
利益:1,200 円/利益率:48%
※各種セールを併用

4. ビーム(バーコードリーダー)を使う必要がない!!

コミックセットにはバーコードがありませんので、バーコードリーダーやスマホのカメラ機能使ってバーコードを読み取る必要がありません。
作品名+セット
と、モノレートやリサーチアプリの検索窓に打ち込んで調べていくのですが、スマホで LINE を見ているのと動作が同じですので、店員さんに注意されることもありません。
一般のお客さんの視線を気にすることもないため、妙なプレッシャーを感じてリサーチしづらい、ストレスが溜まるという状態に陥ることもないわけです。
当然、高額なバーコードリーダーを買う必要もありません。

5. リピートしやすい!!

私は、これまでに販売してきた作品をリスト化しているのですが、今の時点で 1,540 件あります。
これぐらいの数が貯まると、店舗で棚に並んでいる作品を 1 つ 1 つリサーチしなくても、リストの作品を回収していくだけで、仕入れが完結することがほとんどです。
要するに、リピート仕入れがしやすいということです。

1 つめの理由でお伝えしたように、コミックは一度仕入れても、短いスパンで補充されていくという点も、リピート仕入れのしやすさに繋がっています。
定番作品をどんどん増やすことで、店舗での仕入れもどんどん楽になっていくということです。

6. 刈り取りしやすい!!

アマゾンで安く値付けしている他の出品者から商品を買って、適正な価格で出品し販売することで利益を得る手法を「刈り取り」と言います。
そして、コミックセットはこの刈り取りが、非常にやりやすいジャンルなのです。
理由はいくつかあるのですが、中でも大きいのは、機械的に最安値に合わせる業者の存在です。
コミックセットの最安値出品者は
・レンタルに使用された商品(レンタル落ち)
を販売している場合が多いです。

レンタル落ちを刈り取っても利益は出しづらいのですが、その価格に合わせてくる業者のレンタル落ちではない商品を刈り取ることで、ブックオフに並んでいるものと同等レベルの本を手に入れられるわけです。
あとは、コンディションに応じた適正価格で出品し販売すれば、簡単に利益を出すことができます。
もちろん、全ての作品で可能というわけではありませんが、こうした作品が多く見られるのは、コミックセットの大きな特徴と言えます。

7. トレンドで大きな利益も!!

映画化、ドラマ化、アニメ化などのニュースが、相場に大きな影響を与えるのもコミックセットの特徴です。
他には、テレビの人気番組で紹介されたりした場合にも、需要がものすごい勢いで増えるため、在庫が一気に無くなってしまい、価格が急激に高騰します。
このタイミングで在庫を持っていたとしたら、すぐに販売価格を高くするだけで、普段の何倍もの利益を労せず手にすることができるのです。
トレンドで高騰した作品のモノレートを見てみると、たいていは次のようなグラフになっています。

赤で囲った付近でトレンド要因が発生し、価格が一気に高騰 → 出品者激減という状況になっていることが見て取れます。
高騰前の最安値 2,426 円が、高騰後には 8,000 円超えと、3 倍以上になっていますので、すかさずその価格に合わせれば簡単に大きな利益を得ることができるというわけですね。

8. ライバルが増えない!!

第 1 章で挙げたセット本せどりのデメリット、

・重くてかさばる
・面倒な作業が多い

という点が大きなネックとなり、意外と参入者は増えません。
セット本せどりは稼げると聞いて参入した人でも、
・全巻を集める
というセット本特有のステップや、作業の面倒臭さにつまづいて、あっさり脱落していくケースも多いです。
裏を返せば、セット本せどりの基礎からきちんとマスターし、継続して取り組める人は、ライバルが増えない環境で、悠々と稼ぎ続けることができるのです。

9. 返品によるリスクが少ない!!

よく分からない理由で簡単に返品される新品商品と違い、中古品であるコミックセットは、めったに返品が来ません。
ごくたまに返品されてきた場合でも、商品の状態に変化はないわけですから、最初と同じコンディションで再出品することができます。
つまり、返品されても仕入れたときの商品価値が落ちないということです。
これは、見込んでいた利益にも狂いが生じにくいということですので、
ビジネスを回していく上で大きなメリットと言えます。

10. 規制とは無縁!!

昨今、新品出品に対して次々と新しい規制が入り、取り扱える商品の幅がどんどん狭くなってきています。
メーカーからの出品取り下げ指示も、いつ、どのタイミングで来るか分かりません。
それに対して中古本は、全くと言っていいほど規制がないのです。
写真集など、一部の商品で話を聞いたことはありますが、ことコミックセットに関しては皆無と言っていいです。
実際に私が販売してきた 1,540 商品の中にも 1 つもありませんので、規制に怯えることなく、仕入れ&販売をしていくことができます。

第3章 まとめ

お伝えしてきた 10 の理由を総合すると、コミックセットは、

・仕入れに数十万円という大きな金額を使えない人
・作業量を稼ぎに換えるという意識で取り組める人
・せどり初心者の人

にとって、最適な商材だと言えます。
この 3 つの条件に当てはまるようでしたら、まず、コミックセットで、モノレートの見かたや出品方法、値付けなど、せどりの基本をマスターしてください。
せどりスキルがアップし、稼ぎが安定してきたところで、より作業量の少ない単品本や新品にシフトしていけば良いでしょう。
楽しく稼ぎやすいコミックセットせどりに、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

■おわりに■

コミックセットせどりの魅力、伝わったでしょうか?
新品せどり、単品本せどりと比べても、本当に稼ぎやすいのがコミックセットせどりです。
初心者さんが最初に取り組むにも最適ですし、今までとは違うジャンルを始めたい方にも向いていますので、これを機に、ぜひコミックセットせどりを始めてみてくださいね。
今回はコミックセットの魅力についてお伝えしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました