新品雑誌のメリットやデメリット、成功&失敗例【これを見て経験値アップ!】

☆ 今回のレポートは ☆
新品雑誌のせどりに取り組む上での
メリット / デメリット
失敗例 / 成功例
リスクを最小限にするコツ
をご紹介します!

■新品雑誌せどりのメリット■
新品雑誌せどりって流行っていますよね!
流行る = 誰でも手軽に始められる!やりやすい!
ということです。
メリット1 仕入れ先が豊富
近所の書店、いつも行くスーパーやドラッグストアの雑誌コーナー、
コンビニなど、とにかくたくさんあります。
メリット2 仕入れ金額が安価
仕入れ単価は数百円~と、新品せどり(家電やおもちゃなど)の中では
安価なので、手軽に取り組むことができます。

■新品雑誌せどりのデメリット■
誰でも手軽に始められる!やりやすい!=ライバルが多い
ということになります。
発売開始から数日でアマゾンの在庫が切れて

たくさん仕入れをして納品したら

どんどんライバルが増えて

価格競争になって

赤 字

■新品雑誌せどりの失敗例■
モノレートのリンク ⇒ http://mnrate.com/item/aid/B01EVM3UAO
この雑誌の付録は、ムーミンのトレイが4個付いています。
この手の雑貨は、バッグやポーチなどの付録とは違って家で使いやすいと
いうことでとても人気があります。
さらに『ムーミン』ということで、発売後すぐ5冊も仕入れてしまいました。
もうすぐ半年ですが、1冊も捌けていません
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

時間がたてば自分の順番がまわってきて売れるかなと思い
現時点で極端な値下げはしていませんが、
以下の画像が、現在のほぼ新品の最安値になります。
最安値の出品者でさえ、半年経っても在庫を複数持っているのがわかります。
定価以下で仕入れができている方はほとんどいないでしょうから、
Amazon の手数料を差し引くと完全に 赤字です!!
※この雑誌の定価は 780 円です。

■新品雑誌せどりの成功例■
モノレートのリンク ⇒ http://mnrate.com/item/aid/B01EVM492W
この雑誌の付録は、リサラーソンの保冷バッグが3個付いています。
モノレートを見ていただけるとわかると思いますが
人気がある割に、出品者がそれほど増えていません。
値下げ競争になる間もなく、早期にプレ値のまま売れていっています。
現在、付録つきの出品者は 1 名だけです。

■一年前の雑誌が売れた例■
この雑誌は、自分用に付録未開封の状態で持っていました。
不要になって出品したら2カ月後に売れました。
780円 ⇒ 2340円(FBA)
発売から1年以上たっていますので、
付録ありの出品者がいませんでした。

■新品雑誌でリスクを最小限にする方法■
新品雑誌のメリットとデメリットは イコール です。
どこでも、誰でも仕入れがしやすいことがメリットであり
どこでも、誰でも仕入れがしやすいことがライバルが増えることが
デメリットです。
じゃあどこでも誰でも仕入れができないものを
仕入れたらいいということに辿りつきますが
ライバルが仕入れがし辛いものは、自分も仕入れが難しいですね(^^ゞ
大事なことは仕入れをする時期です。
発売してすぐ、Amazon で在庫が切れたとしても
ネットではまだ購入できるサイトが多数存在します。

推奨1ネットの在庫があるうちは仕入れはしない!
たとえばこの雑誌ですが、11/28 発売で既に Amazon は在庫がなしですが
拡張機能で表示してあるところを見ていただけるとわかりますように
ネットではまだ買えるサイトが多数あります。
※クローム拡張 ショッピングリサーチャー http://ur0.pw/A4dt

推奨2切り替えのタイミングに仕入れる!
次号が 12/1 発売だとすれば、その前の週くらいに在庫を集める。
ただし、以下のようにライバルが多い商品は見送る。
推奨3商品を作る
次号が発売されると、前号は仕入れができません。
例外でバックナンバーを扱っているところを知っていれば別ですが
人気の雑誌はむずかしいです。
そこで、本せどらーの聖地ブックオフで
キレイめの雑誌本体のみを 108 円で仕入れて
未開封の付録のみをヤフオクやメルカリで仕入れます。
合わせて Amazon で売るということができます。

イメージ
別々に仕入れをして、合わせて一つの商品を完成させます♪
本はブックオフ
付録はヤフオク
メルカリなどで
未開封のものを
仕入れる!
合わせて
Amazon で
売る!!

■まとめ■
新品雑誌のせどりは、付録つき必須と考えています。
付録のない雑誌は、よっぽどのプレミアム力がない限り読み物です。
新品雑誌のせどりでプレ値になる場合、
価値は付録にあるという考えで間違いないです。
新品雑誌のせどりは、かんたんなのでライバルが非常に多く
混戦状態が続いていますが
仕入れ時期 と ライバルの数
を読んで仕入れるべきか否かを判断すれば
儲けつづけることは可能です!
一つの雑誌を大量に仕入れるのではなく
複数の種類の雑誌を数冊ずつ仕入れをすることも
リスクの分散になります。

もっと買っておけばよかったって思うこともありますが
雑誌はこれからも大量に発売されますので心配ご無用です!
また、先月プレったから今月も!という考えが一番危険です。
Amazon の在庫が切れてもかならず、
・Amazon 以外のネットの在庫
・ライバルの数
をチェックして個別に判断してから仕入れをしましょう。
もう一つの判断材料として、カスタマーレビューがあります。
Copyright (C) 2016 とく. All Rights Reserved.
– 18 –
赤の□で囲ってある部分です。
レビューの数と、レビューの内容、星の数がありますが
特に付録の良し悪しが書かれていますので、
レビューの数が多く、評判がいい場合は人気があると判断できます。
以上のことを参考にしていただき
仕入れ値の3倍で売れる商品を探してみて下さい!
今のせどり プラス 新品雑誌せどりで
利益を積み上げていきましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました